水アカ対策を考える

自動車は使えば使うほど汚れていきます。始めのうちは汚れもそう目立ちはしないでしょうが、長らく放置していればそれだけ汚れは激しいものとなりますし、普通に洗車するだけでは綺麗にならなくなってしまいます。水アカはまさにそうした特徴を強く持つ汚れの原因の一つで、一度蓄積してしまったら個人レベルの洗車ではとてもじゃありませんが、完璧に綺麗にすることは難しくなるので、専門家の手を借りない段階で水アカの蓄積を予防することが出来るように定期的な洗車を続けるようにしてください。 自動車に付く水アカを予防するには雨に降られた後の洗車とその後のケアの内容が重要になってきます。水アカの原因は雨などの中に含まれている様々な成分が結晶化したり、酸性雨が塗装表面を溶かす事によって引き起こされます。そのため水アカを予防したいときは雨水を汚れと一緒に綺麗に洗い流して水分が残らないようにしっかり水気を取り除いたり、洗車した後ワックスやコーティング剤などで表面に水アカが蓄積しにくい状態にすることで水アカが残らないボディーを維持して常に綺麗な状態で運転が続けることが出来るようになるでしょう。もし水アカが残ると中々取り除くことができなくなるのでこうしたケアは必ず行うようにしてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。