水アカ対策を考える

自動車のボディーなどに付着する水アカは数ある自動車の汚れの原因の中でも特に多く付着することが多いといいます。天井やボンネットなど雨水が落ちないところは特に付きやすいですし、コーティング剤などが剥がれてしまうと撥水性も失うため水アカがよりたい量に付着するようになってしまうため、こまめにクリーニングを行って水アカを取り除きたいところですが、もし仮に水アカを放置し続けていると水アカや水アカが付いたボディーはどのように変化するのでしょうか。
自動車のボディーに付着した水アカは雨が蒸発する事によって中の成分が結晶化したり、酸性雨として降っていた雨に含まれている酸性の成分によって少しだけ表面の塗装を溶かしてより深刻な水アカになったりと時間を重ねるごとにどんどん厄介になってきます。よっぽどひどくなると個人の洗車だけではどうやっても水アカが残ってしまうので、完璧に綺麗にするには専用の機材を用いた本格的なクリーニングを行う必要が出てきます。当然この方法は非常にお金が掛かりますし、それでも洗車の効果が持続する期間はせいぜい数ヶ月なので、何度も本格的な洗車を依頼するよりも早い段階で自分で水アカを取り除くことが出来るようにこまめな洗車を繰り替えしたほうが良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。